So-net無料ブログ作成
検索選択

ヴィヴァルディのモテット RV630 [音楽鑑賞]

今日はヴィヴァルディのモテットRV630: Nulla in mundo paxsincera
を紹介します。3楽章からなっているこの曲のこのタイトルの1楽章、ヴィヴァルディのモテットの中でも一番美しいと言われてます。
↓はエマ・カークビーのCDで一部試聴できます。ディスク1の 全21曲を見る をクリック、19番目の曲です。

Vivaldi: Gloria; Motets; Cantatas

Vivaldi: Gloria; Motets; Cantatas

  • アーティスト: Antonio Vivaldi, James Bowman, Academy of Ancient Music, New London Consort, Christopher Hogwood, Catherine Bott, Emma Kirkby, Judith Nelson, Catherine Mackintosh, Simon Standage
  • 出版社/メーカー: L'Oiseau-Lyre
  • 発売日: 1997/10/14
  • メディア: CD


↓のCDは私のお気に入りのデボラ・ヨークさんのもの。
一番聴いて欲しいけれど、残念ながら RV630 は試聴できません。

Vivaldi: Sacred Music, Vol. 2

Vivaldi: Sacred Music, Vol. 2

  • アーティスト: Antonio Vivaldi, Robert King, James Bowman, King's Consort, Deborah York
  • 出版社/メーカー: Hyperion
  • 発売日: 1996/06/10
  • メディア: CD


この曲を知ったのは、デイビット・ヘルフゴット(ピアニスト)の話を元にした映画「シャイン」ででした。オーストラリア出身の実在のピアニストです。
才能がありながら、父親との確執から留学先のイギリスで精神を病み、一度は音楽から遠ざかったデイビット。彼をいろいろな面から支えてくれる女性と知り合い、結婚したのち、ピアニストとして活動を再会しました。日本でもチケットが売り切れるほど話題のコンサートのようでしたが、今はどうしているのでしょう。

Shine: The Complete Classics

Shine: The Complete Classics

  • アーティスト: Ludwig van Beethoven, Fryderyk Chopin, Franz Liszt, Sergey Rachmaninov, Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov, Robert Schumann, Antonio Vivaldi, David Zinman, Edo de Waart, Kurt Masur
  • 出版社/メーカー: Philips
  • 発売日: 1997/05/13
  • メディア: CD



この曲は、参加している弦楽アンサンブルで歌わせていただいた思い出深い曲でもあります。
♪タラタラタラタラタラタラ♪というシチリア風のヴァイオリンの美しい響きにのって、天上にのぼるような気分になります。(私、クリスチャンではありませぬが)
「この世に安らぎを見いだすことなどできないのです、あなた(神)の真実の愛なしには」 とこんな歌詞だったと思います。(簡単にまとめすぎ!笑)
 

”自分が死んだときにどんな曲で送りだしてもらいたいか” とそんな話を友人としていたときがあります。ネガティブな話ではなくて、それほど好きな曲がある?という話です。
友人は モーツァルトの「フルートとハープのためのコンチェルト」K.299を挙げていました。
私は・・・冒頭のヴィヴァルディのモテットです。
お葬式とか、そういう意味ではなくて、この曲をそんなに好きだということです^^;

クラシカル・エヴァー!コンチェルト

クラシカル・エヴァー!コンチェルト

  • アーティスト: オムニバス(クラシック), コールズ(サミュエル), 吉野直子, イギリス室内管弦楽団, モーツァルト, メニューイン(ユーディ), アンスネス(レイフ・オヴェ), ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団, グリーグ, キタエンコ(ドミトリー), ツィンマーマン(ペーター)
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2005/03/09
  • メディア: CD



疲れているときや、気が滅入っているとき、
歌曲は意味がありすぎて~  オペラのアリアは体が受け付けない~
心が洗われるようなこの曲を聴くと浄化されるような気持ちになります。(私の場合です 笑)

わんこにもなごませてもらってます♪


nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

内緒のお出掛け? [旅行日記]

お正月気分もすっかり抜けたところで~

温泉に行ってきました。
ガマの油でお馴染みの筑波山です。

午後、わんこのお散歩すませて、ちょっと早めのご飯食べてもらって、気持よく眠りについた頃、お出掛け。しーっ。。。

宿に着いたら、温泉温泉
その後、夕食。季節なので、メインはアンコウ鍋でした。

  
 初めて食べたアン胆

部屋からの眺めは眼下につくば市、遠くは東京タワー、新宿高層ビル群、その少し西側には富士山が見えます。(はずです 笑)

 夜景
 
実際はもっときれいなんだけどなぁ、という写真^^;

朝は雲がかかっていて、富士山見えず(^_^;)
 

朝ご飯を食べてすぐ帰れば、わんこにとってはいつもと変わらない生活。

それでも、温泉に入って、ゆっくり食事をとると いい気分転換に

陽成天皇の小倉百人一首の歌を思い出しました。
♪ つくばねの峰よりおつるみなの川 恋ぞつもりて淵となりぬる ♪

近くても案外知らない名所がたくさん ですね。また行きたいな♪

  よく寝たでしゅ♡   


  おさんぽ行こっ♡


 


  年末に訪れたシクラメン農家のハウス

  
この子たちは毎日、クラシック音楽を聴いて育ってます。
私が行ったときはモーツァルトが流れてました♪ 


**********************************

追記:この前の記事いちごに載っているキャンディ ミ○キーの会社 不G家さん、ご存じの通り商品の製造に問題があり、製造も販売も休止しています。
子供の頃から馴染みのあるお菓子やさんだけに、とっても残念です。
対応と対策をきちんと示して欲しいですね。
そして、もう一度立ち直ってください!!


nice!(8)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いちご [日々の生活]

 

新春です

 

 

 いちごです

 

 

     

      お菓子売り場は危険春がいっぱいです

 追記 ※ ’07 1/27 ほんとに危険がいっぱいでした。はぁ~

     


nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニューイヤーコンサート ATM [音楽鑑賞]

1月5日 ニューイヤーコンサートに行きました。

 

水戸芸術館のニューイヤーコンサートは曲目が当日までわからないというお楽しみコンサート。
テーマは「世界にいくつもの花」でした。
そして、曲目のリクエストを募ります。
コンサート曲目のうち、すべてではないけれどリクエストから選んでくれるので、リクエストする楽しみもあります。
一緒に行った友人のリクエスト シューマンの「花の曲」はしっかり演奏曲目に入っていました♪
もうひとつのお楽しみは、この当日のために、編曲版を用意してくれることです。贅沢ですよね。

ヨハン・シュトラウスⅡ世のワルツ「南国のばら」 (野平多美編曲) から始まって、21曲。

ピアノソロ、ヴァイオリンソロ、チェロの二重奏、フルートソロ、歌、小編成の室内楽、ヴァイオリンとビオラのデュオ、ポジティフオルガンソロ、カルテット、
そして、最後に編曲版のチャイコフスキー くるみ割り人形から「花のワルツ」
とにかく盛りだくさんでした。
司会も当日まで秘密です。今年はNHKアナウンサーの山本志保さん。
毎年NHKのアナウンサーが登場します。

どの演奏も「花」あるいは「春」をテーマにした曲で新年を明るく彩ってくれましたが、やはり圧巻は 天羽明恵さんのお歌♪

前半には日本歌曲(からたちの花、ばらの花に心をこめて、さくら横ちょう、たんぽぽ)加えて、
ヴァイオリンとピアノで 「モーツァルトのアリア:やさしい春はもうにこやかに笑いかける K.580」

後半は
ヨハン・シュトラウスⅡ世「春の声」
ヴェルディ 椿姫から 「ああ、そはかの人か・・・花から花へ」

特に、最後の2曲は天羽さんのコロラトゥーラとオペラの表現力を堪能できる選曲で、会場がどよめきました。
響き渡る美声が、体に、脳に染み渡り、鼓膜がびんびん震えました♪
機会があったらぜひ生で聴いていただきたいコンサートです。

ちょっと話はそれますが、水戸芸術館の巻頭ページに先日NHKのニューイヤーオペラコンサートで歌われ、大変評判だったフィオレンツァ・コッソットさんについて、音楽評論家の黒田恭一さんが以前に書いた文章が載っていました。 こちらです

 


《今日のお花》

   
このシクラメンの名前は ショパン(Chopin) 
年末にストラヴィンスキーと一緒に求めたものです。
やわらかい色合いですよね。

もうひとつ (いくつ購入したのやら・・・苦笑)
こちらは香りが特徴の ティアレット・ピンク

   

   部屋中に香る まさに シクラメンのかほり♡ です。
   サーモンピンクのやさしい色合い。

 


 《お正月のわんこ》
 爆睡中の牛若・・・白目、出ている犬歯、・・・ 笑

  

 


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2007 [ごあいさつ]

 

  2007

        

  新年にふさわしい真っ赤なシクラメンの名前は ストラヴィンスキー!

  みなさま、今年もどうぞよろしく~♪

  

 


nice!(15)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感