So-net無料ブログ作成

お歌のレッスン [音楽]

昨日はお歌のレッスンでした。ここのところ、ずっとモーツァルトをレッスンしていただいています。
昨日はどの音のときに体のどの部分を意識して出すか?ということをもう一度徹底的に短いフレーズごと、練習しました。イドメネオの ”Zeffiretti, lusinghieri” に中音域の母音の音階があって、
どこの音から後ろに飛ばすか、E,Fの音をどれだけ我慢しながら細く美しい音でのばすか、そんなことを中心に見ていただきました。S先生(男性) 「良くなればなるほど勉強すること、増えるからね」 ああ、なんとありがたいお言葉!(泣) 

 私は声楽科を卒業しましたが、学生時代はオペラに興味が持てず、自分は下手で不向き!と歌うことが嫌いになっていました。歌と離れて??年。趣味で参加している弦楽アンサンブル(私はチェロ弾いてます~)で、バッハのカンタータを演奏する機会があり、半分お遊びのつもりで(これもいけませんねぇ ははは)歌ったのがきっかけで、またお歌の世界へ足を踏み入れちゃったわけですww

東京のO先生に2年ほどご指導いただき、夫の仕事でイギリスへ、帰国後今度は現在のS先生にご指導いただいています。もともとS先生は古典音楽にとてもお詳しいということだったので、バッハのカンタータとかバロック音楽の歌の指導をお願いするつもりでした。でも、イタリア語もうちょっと勉強してからの方がいいんでない?というアドヴァイスで、ベッリーニ、ドニゼッティ、プッチーニ、モーツァルトのイタリア語のオペラ などなど勉強中。「ヴェルディは重すぎるから、勧めたくないなぁ。モーツァルトの軽い声のがすごく合うよね。」ということで、、、その流れに。

室内楽の方のお歌もときどき歌わせていただいています。2月にはNホールでMozartのモテト
”Exsultate,jubilate”を歌えて、幸せ!お互いにアマチュアですから弦楽と合わせるのはほんと大変。でもとても貴重な体験をさせてもらってありがたいです。S先生は 無謀な選曲(ほんと)とあきれながらもレッスンしてくださいましたよ~~~ありがとうございました~~~

またいつか今度は ”Laudate dominum”KV339 を弦楽伴奏で歌いたい などとたくらんでいるお調子ものですww 今年のニューイヤーコンサート(水戸芸術館)で聴いた森麻紀さんの↑素敵だったんだもの~ (おおきな勘違い?)

 


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

Cecilia

"Exsultate jubilate"を弦楽で歌えるなんて!!うらやましいです。
せめて娘の伴奏で歌えるようになりたいです。
バッハのカンタータが大好きです。大学時代は聖歌隊に所属して何曲か歌いました。
私は高校時代オケに入っていて、ヴァイオリンをやってました。(一応コンミスもやりました。)
by Cecilia (2006-03-24 20:54) 

スザンナ

Ceciliaさん!うわぁ、ヴァイオリンも弾かれるのですか?弦楽器と歌、うう~ん、これからもよろしくお願いします!ww カンタータ、私も大好きです。コーヒー・カンタータの娘さんのソロ、199番、82番、など恐いもの知らずで、お友達と合わせたりしています。ああ、おそろしや。ソプラノのソロって案外少なくて。かといって合唱は人集めも大変だし。夫にはクリスチャンじゃないのに、カンタータなんか歌って嘘くさいとか言われてます、ええーん。
by スザンナ (2006-03-24 21:43) 

ますみ

ども。ご訪問ありがとうございました。
声楽をやられてらっしゃるですか?すばらしい。
私の師匠の奥様も声楽家でいらっしゃいまして、コンサートで数回ご一緒させていただいたのですが、人の声というのは音量的にも表現的にも、この世でもっとも素晴らしい「楽器」ではないかと思っております。
ただ、この素晴らしさは録音では伝わらない!多くの人が生の歌声に接する機会が増えることを切望いたします。
・・・って、クロマチック・ハーモニカって楽器を知ってもらうことの方が先ですが。
今後ともお見知りおきのほどお願いいたします。
by ますみ (2006-03-24 22:37) 

みど

訪問ありがとうございました。
zeffirettiってレガートのいい練習になりますよね。
歌はやればやるほどたのしくなると思います。がんばってくださいね!
by みど (2006-03-25 01:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。