So-net無料ブログ作成

チェンバロ [音楽]

最近知り合いになった、チェンバリストのお家に遊びにいってきました。
フランスの18世紀モデルのチェンバロ。お色はモスグリーン。

彼女はある大学のチェンバロ科を卒業した後、単身オーストリアへ渡り、ウィーン国立音楽院で
チェンバロを勉強していました。なんと、グスタフ・レオンハルトさんの孫弟子 になるんだそうです。
実際、レオンハルトさんとお話をする機会もあったそうです。うらやましい・・・

これはちょっと弾かせてもらっているところ。平均律の一番に挑戦!!
ところが粒が全然そろいません。自分では揃えて弾いているつもりなのに~~~
なぜ~~~~~???チェンバロってとってもシビアなことを改めて知りました。
チェンバロは調律、自分でするんですよね。奥が深い・・

機会を見つけて、バッハのブランデン協奏曲5番、一緒に演奏お願いしたいなぁ。


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 5

Cecilia

大学時代に、学校にあったチェンバロを勝手にいじったことがあります。
一段の小さなものでしたが、感激でした!
本当に引っ掻いて音を出す、というのを実感しましたね。(結構抵抗を感じました。)
ブランデンブルグの5番・・・憧れですが、演奏する機会はないのでしょうね。
可能性のあるスザンナさんがうらやましいです。
私はリコーダーでできたらいいなあ、と考えたことがあります。(二番でしたっけ?四番でしたっけ?)一応スコアはあるのですが・・・。
やはり一番好きなのは五番です。
by Cecilia (2006-03-27 19:04) 

スザンナ

Ceciliaさん!Thanksです。リコーダー2本で出来るのは4番でしたか?4番も憧れの曲です。隅の方でいいから、チェロで参加させてもらいたいです。リコーダーは音色がいいですね、フルートの4番より好きです。私の参加している弦楽アンサンブルのメンバーはみんな恐いもの知らずの強者・・です。やりたい曲はとにかくやるべし・・みたいなすごい集まりです。アマチュア恐るべしww
by スザンナ (2006-03-27 22:54) 

c-tail

スザンナさん、こんにちは。こちらでははじめまして。
チェンバロの音色、いいですよね~。私もヴァイオリンでバッハやヘンデルの曲を弾くときに、妻に電子ピアノでチェンバロの音色で伴奏してもらったりすると、同じ曲を弾いてもちょっと違った感じがして楽しいです。
また遊びにきますね(^-^)
by c-tail (2006-03-29 20:35) 

スザンナ

c-tailさん、nice!&コメント ありがとうございます。
奥様とデュオなさるんですねぇ。素敵ですねぇ。いつかこのチェンバリストのお友達と本物のチェンバロでブランデンを演奏することを夢見て、練習に励みますです。今はMozartのディベルティメント1番弾いています。モーツァルトのきざみ(難) 夢に出てきそうですww
by スザンナ (2006-03-29 23:02) 

michi

c-tailさんのblogを拝見してて、こちらにお邪魔しました。前に習っていたヴァイオリンの先生のヴィオラのメンバーにチェンバロをお持ちの方がいて発表会で伴奏を一部されました。なぜか中学生の頃バロックにはまり、その発端はFMから流れるチェンバロの響きでした。今?いい年のおやじです。いろいろ聴きますが、Bachは関心の中心からはずれません。
スザンナさんのように鍵盤が弾ける方はほんとうにうらやましいですよ。私が叩けるキーボードはパソコンだけ、トホホです。
また、blog拝見させていただきます。
立ち上げて間もないのですが私のサイトにもいらして下さい。
http://www.geocities.jp/relaxing_square/index.htmlです。では。
by michi (2006-04-11 22:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。