So-net無料ブログ作成

ネッカーの悪夢 [わんこ]

牛若君が再び、ネッカー生活になってしまいました。
ごめんね、ごめんね、少しの間がまんしてね。
柴犬ってどうしてこんなに皮膚が弱いのかな?特に春先がダメみたい。

塀にほっぺたくっつけて歩くから、カイカイになっちゃうのに~って、全然しつけが出来ない飼い主。 
毎日わんこに引っぱられてお散歩してます。それで 欽ちゃん走り。ううう

それでもミックス犬のしずかは全然平気なんです。毛並みなんてつやつや。
やっぱり純血種ってデリケート。


 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

お歌のレッスン [音楽]

昨日はお歌のレッスンでした。ここのところ、ずっとモーツァルトをレッスンしていただいています。
昨日はどの音のときに体のどの部分を意識して出すか?ということをもう一度徹底的に短いフレーズごと、練習しました。イドメネオの ”Zeffiretti, lusinghieri” に中音域の母音の音階があって、
どこの音から後ろに飛ばすか、E,Fの音をどれだけ我慢しながら細く美しい音でのばすか、そんなことを中心に見ていただきました。S先生(男性) 「良くなればなるほど勉強すること、増えるからね」 ああ、なんとありがたいお言葉!(泣) 

 私は声楽科を卒業しましたが、学生時代はオペラに興味が持てず、自分は下手で不向き!と歌うことが嫌いになっていました。歌と離れて??年。趣味で参加している弦楽アンサンブル(私はチェロ弾いてます~)で、バッハのカンタータを演奏する機会があり、半分お遊びのつもりで(これもいけませんねぇ ははは)歌ったのがきっかけで、またお歌の世界へ足を踏み入れちゃったわけですww

東京のO先生に2年ほどご指導いただき、夫の仕事でイギリスへ、帰国後今度は現在のS先生にご指導いただいています。もともとS先生は古典音楽にとてもお詳しいということだったので、バッハのカンタータとかバロック音楽の歌の指導をお願いするつもりでした。でも、イタリア語もうちょっと勉強してからの方がいいんでない?というアドヴァイスで、ベッリーニ、ドニゼッティ、プッチーニ、モーツァルトのイタリア語のオペラ などなど勉強中。「ヴェルディは重すぎるから、勧めたくないなぁ。モーツァルトの軽い声のがすごく合うよね。」ということで、、、その流れに。

室内楽の方のお歌もときどき歌わせていただいています。2月にはNホールでMozartのモテト
”Exsultate,jubilate”を歌えて、幸せ!お互いにアマチュアですから弦楽と合わせるのはほんと大変。でもとても貴重な体験をさせてもらってありがたいです。S先生は 無謀な選曲(ほんと)とあきれながらもレッスンしてくださいましたよ~~~ありがとうございました~~~

またいつか今度は ”Laudate dominum”KV339 を弦楽伴奏で歌いたい などとたくらんでいるお調子ものですww 今年のニューイヤーコンサート(水戸芸術館)で聴いた森麻紀さんの↑素敵だったんだもの~ (おおきな勘違い?)

 


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。