So-net無料ブログ作成

エマ・カークビー [音楽]


バッハ:コーヒー・カンタータ







エマ・カークビーさんが2007年の2月につくばのNOVA HALLで演奏会をするそうです。
私は彼女の美しく、まっすぐな声が大好き。
絶対チケット取らなくちゃ!
しかも伴奏はリュート一本ですよぉ。理想的だわぁ。
ダウランドとか歌ってくれたら、嬉しいなぁ。

実は、カークビーさんのコンサートは一度振られちゃったんです。
オックスフォードに滞在していたとき、コンサートのチケットを取って楽しみに出かけたら、
彼女、調子を崩していてキャンセルになっちゃったんです。
当日はポルトガル出身の代役の歌手が演奏会自体はしてくれたんですけれど、
やっぱりカークビーさんの声を生で聴きたかった。
イギリス人の間でも彼女はすごい人気で、キャンセルというアナウンスが流れたとき、
それはそれは深いため息がもれました。

私たちのイギリス滞在はたったの一年でしたので、カークビーさんのコンサートを
滞在中に聴くことが出来なかったのです。ええ~ん

彼女の歌で好きな曲はたくさんありますが、特に私がすきなのは
バッハの結婚カンタータBWV202 "Sich üben im Lieben"
狩りのカンタータBWV208 "Schafe Können sicher weiden"
ヴィヴァルディのRV630 " Nulla in mundo pax sincera"
このRV630は ヘルフゴットさんの映画「シャイン」のラストシーンにずっと流れている
美しいモテトです。ヴィヴァルディの中でもっとも美しいモテトだと言われています。
ペルゴレージのスターバト・マーテルもいいし、ほんと涙が出てきます。

今回はリュートとのデュオですから、大きな編成の曲は演奏できないと思いますが・・
今から、わくわくです。ノバのコンサートは東京のコンサートにくらべて
チケットがお手頃なんです。つくばエキスプレスも通ったし、東京からのアクセスも
よくなりましたよね。

11月には イケメンテノール イアン・ボスとリッジも来ますよぉ。行かな きゃ~~~ww
9月には 歌じゃないですけど 諏訪内さんとこれまたイケメンピアニストのファジル・サイ
のお二人のデュオですよん。これは並んでても絶対取る と夫の鼻息が荒いですww

今年もたくさんコンサートに足を運んで、たくさん音楽に触れたいと思ってます。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。