So-net無料ブログ作成

お歌のレッスン 2 [音楽]

モーツァルト:オペラ・アリア集 

 

 

 

 

歌のレッスンをMDで録音しています。動画で録画する方も多いですね。私の場合は今のところ音だけ。自分の歌を客観的に聴く、いい機会ですよね。

家に帰って録音を聴くと、まずひどく落ち込みますです。あまりの下手さに途中で聴くのをやめたくなるし。。。音程の悪さと甘さ、発音の未熟さ、アーティキュレーション、さらにはフレージングの稚拙さ、自分の嫌なところばかり聞こえてきます。かなり辛いです

次にレッスンをしてくださる先生に感謝と同情の気持ちがふつふつと・・・加えて、恥ずかしく、情けない気持ちでいっぱいになりまする。

 現実を受け入れ(辛いけど)、前向きな気持ちで練習を再開。(へこんだまま、しばらく歌えないときもありますけどね~) MDで録ります。歌う、聴く の繰り返しです。ひとつのフレーズを時間かけても、思ったように表現出来ないこともしばしば・・はぁ~です

当たり前のことなのでしょうが、ひとつの曲を歌い込み、消化するのには時間がかかるのですよね。それはどんな楽器も同じこと。その曲だけを練習しているわけでもないのに、月日が経ってからその曲を演奏すると前より上手くなっていた?なんて話もよく聞きます。それはきっとその間に演奏のレベルが上がっているのでしょうね。曲を理解し、体に馴染むのには時間がかかりますね。

音程について言えば、私の場合は、上向形のときに音の幅を狭くとる癖があって (楽してるわけじゃないんですよぉ) 特に中音域の2点C#,D#など。A-dur,E-durが暗い響きになっちゃったりします。気持ちわる~~~  少しでも意識が低くなると(意識してなきゃダメだってば!ww) すぐ音に反映しますよね。詰めが甘い と言われてます。たまに、やっぱり生じゃないから、とか機械のせいにしたくなったりして、、、これだから~~~ははは

以前、師事していた先生が 「歌って自分出だしているつもりの音と、周りの人が聴いている音、違っているみたいよ、自分の音は自分では聴くことができないのよね」と言っていましたっけ。

そうなんですよね。録音を通してしか、自分の声は聴くことが出来ない。これは他の楽器とは大きく違う点です。子供の頃、録音した自分の声を聞いて、「えー、私こんな声なの?」 と思われた方も多いのでは?今は録音技術 というか、機械がよくなっているので、昔(いつのこっちゃ)ほど カルチャーショックないかもしれないですけど。

煮詰まると、同じ曲をCDで聴きます。今は、モーツァルトを主に勉強しているので、 ルチア・ポップとか、エディタ・グルベローバとか。上手すぎじゃ~

歌うことが好き!特にモーツァルトを歌っていると、レッスンで落ち込んだときもモーツァルトの曲で癒され、テンションが上がってきます。ひとつひとつの曲を大切に、時間をかけて歌っていくしかないんですよね。

ただ、技術的に優れていても、癒されない歌にはなりたくないんです。

美しく、自然に、癒される音楽作り・・・(こんな難しいこと、できるのでしょうか?) ・・・スローレッスン実施中・・・

 

 

                        

                  


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。